スマホ節約術|おすすめ格安SIMLINEモバイルやスマホ代を節約する方法を紹介!

おすすめ格安SIMLINEモバイルやスマホ代を節約する方法を紹介!

2019年おすすめ格安SIM7社を比較!速度・料金で選べば失敗なし。

f:id:yuimgm:20190701001055p:image

「おすすめの格安SIMが知りたい」
「どの格安SIMを選べばいいのか分からない」

格安SIMに変えると月々の支払いが安くなるとは分かっていても、通信速度が遅くなったり失敗はしたくないものです。

 

乗り換えるなら、比較した上で1番いい格安SIMを選びたいですよね。

 

私は格安SIMに乗り換えて月々8千円節約することができました。

その経験をもとに、格安SIMに乗り換えたい人へアドバイスをしています。

 

そこで今回はいまおすすめの格安SIM7社を比較します。

合わせて、あなたにぴったりの格安SIMの選び方についても解説していきます。

 

 

2019年おすすめ格安SIM7社を比較

2019年におすすめしたい格安SIMはこちらの7社です。

 

-おすすめ格安SIM-

  • ・Y!mobile(ソフトバンク)
  • ・UQmobile(au)
  • ・mineo(au)
  • ・BIGLOBE(au)
  • ・OCN モバイル ONE(ドコモ)
  • ・LINEモバイル(トリプル)
  • ・DTI SIM(ドコモ)

 

この7社はMMD研究所の通信速度調査の結果で上位4つ+他社にない優れたメリットのある3つを選びました。

 

格安SIMはキャリアから回線をレンタルしている分、どうしても通信速度が落ちてしまいます。

 

なので格安SIMを選ぶ際は、まずは速度を優先すれば失敗しないです。

 

例えば、UQmobileは1日の平均速度が31.8Mbpsという結果が出ています。画質MAXでYouTubeを見るなら、2.4~3.8Mbpsは必要ですが31.8Mbpsもあれば余裕ということですね。

 

ですが、UQmobileより速度の劣るLINEモバイルもおすすめしてます。

 

なぜなら、速度調査の多くは都市部での計測結果であり、地方で計測した場合は通信速度はもっと早くなるからです。

 

キャリアからレンタルしている回線はユーザーが増えたからと言っていくらでも自由に回線を増やせるわけではありません。なのでユーザー比率の多い都市部よりユーザー比率の少ない地方の方が通信速度は速くなります。

 

私は地方住まいでLINEモバイルを利用していますが、速度が遅いと感じたことは特にありません。

 

なので、地方に住んでいる人は速度以外のおすすめポイントもチェックして選ぶといいです。

 

 

ここからは都市部向けと地方向けに分けておすすめの格安SIMを比較していきます。

 

都市部にお住まいの方におすすめ

  • ・Y!mobile(ソフトバンク)
  • ・UQmobile(au)
  • ・mineo(au)
  • ・BIGLOBE(au)

 

格安SIM データ容量/基本料金 無料通話 通話オプション 最低利用期間
Y!mobile
f:id:yuimgm:20190630222829p:plain f:id:yuimgm:20190630224146p:plain f:id:yuimgm:20190630224249p:plain
2GB/2,980円
6GB/3,980円
14GB/5,980円
10分 +1,700円
時間・回数無制限のかけ放題
2年毎自動更新
解約料9,500円
UQmobile
f:id:yuimgm:20190630222829p:plain f:id:yuimgm:20190630225231p:plain
2GB/3,980円
6GB/4,980円
14GB/6,980円
5分 なし 2年毎自動更新
解約料9,500円
mineo
f:id:yuimgm:20190630224227p:plain f:id:yuimgm:20190630224116p:plain f:id:yuimgm:20190630224130p:plain f:id:yuimgm:20190630224146p:plain
500MB/1,310円
3GB/1,510円
6GB/2,190円
10GB/3,130円
20GB/4,590円
30GB/6,510円
なし +850円
10分かけ放題
1年
解約料9,500円
BIGLOBE
f:id:yuimgm:20190630224227p:plain f:id:yuimgm:20190630224116p:plain f:id:yuimgm:20190630224146p:plain
1GB/1,400円
3GB/1,600円
6GB/2,150円
12GB/3,400円
20GB/5,200円
30GB/7,450円
なし +830円
10分かけ放題
1年
解約料8,000円

 

地方に住んでいる方はこちらもおすすめ

  • ・OCN モバイル ONE(ドコモ)
  • ・LINEモバイル(トリプル)
  • ・DTI SIM(ドコモ)

 

格安SIM データ容量/基本料金 無料通話 通話オプション 最低利用期間
OCN モバイル ONE
f:id:yuimgm:20190630224116p:plain f:id:yuimgm:20190630224146p:plain f:id:yuimgm:20190630224249p:plain
3GB/1,900円
6GB/2,150円
10GB/3,000円
20GB/4,850円
30GB/6,750円
500kbps/2,500円
なし +850円
10分かけ放題orトップ3

+1,300円
10分かけ放題+トップ3
6ヶ月
解約料8,000円
LINEモバイル
f:id:yuimgm:20190630224227p:plain f:id:yuimgm:20190630224210p:plain f:id:yuimgm:20190630224130p:plain f:id:yuimgm:20190630224146p:plain

1GB/1,200円
3GB/1,690円
5GB/2,220円
7GB/2,880円
10GB/3,220円
LINE,Twitter,Facebook,

Instagramはデータ消費なし

なし +880円
10分かけ放題
1年
解約料9,800円
DTI SIM
20' SIM
f:id:yuimgm:20190630224227p:plain f:id:yuimgm:20190630224210p:plain f:id:yuimgm:20190630224146p:plain

7GB/3,980円
YouTube,Twitter,マイナビ

サイトはデータ消費なし

10分 なし 1年
解約料9,800円

 

あなたにぴったり格安SIMの選び方

格安SIMを選ぶとき、大切なのは「ライフスタイル」に合ったものを選ぶことです。

理由は、ライフスタイルに合ったものを選んだ方が満足度が高いからです。

 

私の場合。

住まい:地方

アプリ:YouTube,Twitter,LINE,Instagram

光回線:有り。月々6,000円

通信量:1GB/月程度

通話時間:長くて3分程度

     FaceTimeで家族と長電話

格安SIMに求めるもの:①安さ②通信速度

 

いろいろ調べた結果、データフリーと言って(オプション料なしで)LINE,Twitter,Instagramなどはどれだけ使ってもデータ消費しないというプランを提供していたのでLINEモバイルにしました。

 

せっかく格安SIMにするなら、安さにこだわりたかったのでLINEモバイルを選びましたが結果は大満足です。

 

3GBだと繰り越しされて6GBになり毎回使い切れないので、さらに安い1GBを検討中です。安さにこだわるならLINEモバイルがおすすめです。

 

そんな感じで、いかに自分のライフスタイルに合った格安SIMを選ぶかで満足度は変わります。

 

格安SIMにすると1年で6万円の節安

格安SIMにすると年間6万円以上も節約できます。夫婦だと年間12万円の節約です。

 

大手キャリアの月々の支払料金の平均は、8,000円前後です。格安SIMの平均は、2,300円前後だそうです。

 

ドコモのとき・・・月々11,000円

LINEモバイル・・・1,690円

毎月9,310円の節約です。

 

1年間で11万1,720円の節約に成功しました。

 

来月からは夫もLINEモバイルに乗り換えるので年間で20万円くらい節約できそうです!浮いたお金は、自己投資か家族旅行に使いたいですね。

 

今年10月から解約料が1,000円になるようで、2年縛りも崩壊です。

この機会に自分のライフスタイルに合った格安SIMを選んでみるのも有りかもです。